風にまかせて~人と自分が好きになる自転車人生~

50代の目線でロードバイクやヒルクライムを通して緩~く書き込みます。

思い出ライド【奄美大島】

2017.11.26の出来事です。
「初めての空(そら)輪行
※本人のfacebookより
f:id:poppo_hato4416:20210315035536j:plain

突然ですが、あれがアレしまして奄美大島に行くことに!
格安飛行機の手荷物が20kgまで大丈夫というのでニールプライド アリーゼ(バイク)と嫁さん同行の二泊三日の小旅行ですw
前々から参加したかった「奄美大島チャレンジライド」にちなんで「勝手に奄(あま)チャレ」に挑戦して参りました(^-^)/
(距離は島半周ほどでしたけどね!)
降水確率80%のあいにくの天気予報の通り朝から小降りで6時半出発 気温15℃。
なので今回は島の半周を目標に南側に向かいました!
スタート地点は島の中ほどで本家「奄チャレ」のCP1を過ぎた辺りの奄美市の南。
この日のライドはあまり頑張らず、ナビと高度図しか見ないと決め気持ちの良いスピードとケイデンスで進みます。
一つ目のトンネルを抜けると最初の海が見えて、これから観る景色に心は弾みます🎵
f:id:poppo_hato4416:20210315051810j:plain
f:id:poppo_hato4416:20210315052022j:plain
f:id:poppo_hato4416:20210315052105j:plain

マングローブ原生林を通り長いトンネルを迂回して網野子峠を越えたら瀬戸内町に入ります。
f:id:poppo_hato4416:20210315052229j:plain

瀬戸内町は島南部では一番人口が多いらしくフェリーなどの古仁屋港ファミリーマートもありました!
f:id:poppo_hato4416:20210315052612j:plain

加計呂麻島を左に見ながら入江毎にアップダウンを繰り返します。
f:id:poppo_hato4416:20210315054800j:plain

湯湾に抜ける峠で「かんつめの碑」なる立派な石碑を見つけなんとなく手を合わせました。
f:id:poppo_hato4416:20210315054404j:plain
※悲しい昔話があると聞きました。

f:id:poppo_hato4416:20210315062822j:plain
宇検村名柄

写真を何枚か撮ってスマホをしまおうとしたところ 急に目眩がしてバランスを崩し、あろう事かクリートの嵌まってる右側に膝から転倒、坂に対し下に転がったので膝に激痛がしました!(呪いか⁉️)
立ち上って見るとタイツには穴が開いてしまいましたが擦り傷程度、次にリアディレイラーを見て異常が無いと外見的に判断してしまいました!
※これが失敗の始まりとは…

下って名柄に入り、少し早い昼食を宇検村の一つしかないレストランでとってると雨はかなりの本降りになって参りました!
f:id:poppo_hato4416:20210315055251j:plain
レストランの店員さんとの話では 山を抜けてスタート地点に戻るルートが最短だと聞き思案しますが、意を決して「奄(あま)チャレ」ルートに戻ります。
※失敗その2です(^_^;)

この日の服装は夏用ジャージ上下、夏用メッシュインナー、アームカバー、レインベスト、CWXタイツ、シューズカバー(レイン用)+レインジャケットです。レインジャケットは前半は殆ど着ませんでしたが本降りになってからは脱げませんでした!
あまり強度を上げてないので疲れは感じませんが止まると少し寒く感じます。

たくさんの入江といくつか小さい峠を越え外海の東シナ海に出ると風が強くなってきます。
f:id:poppo_hato4416:20210315055717j:plain
夕日の名所がある大和村を抜け坂の上から入江を一望できる公園で一休みしてからしばらく進んだ辺りまで来ましたw
f:id:poppo_hato4416:20210315063619j:plain

【そしてトラブルが起きました‼️】
国直の坂を上っていて後ろのギアをローにした途端、「ガチャガチャツ」とリアロック❗️
あわや落車かと思ったけどスピードが遅かったおかげで助かりました。
見るとリアディレイラー(RD)がホィールに絡まり半周しています。
雨は一層強くなった気がしました。
しばらく思考が止まりますがすぐに雨宿りの場所を探して戻ります。
f:id:poppo_hato4416:20210315060826j:plain

少し広い場所まで自転車担いで戻りましたが屋根のある場所は無く 仕方なく雨の中で工具を広げます。
状況から原因を考えると「かんつめの碑」を見た後の立ちごけでリアエンドを曲げてしまい、ギアをインナーローにしたと同時にRDがスポークに当たって巻き込んだと考えます。
対策としてはRDをエンドから外しチェーンを短くした状態で固定ギアでなら走行できるかと
チェーンを切ってディレイラーを外し余ったワイヤーをフレームに固定。適当な長さにチェーンを再度切ってミッシングリンクでチェーンをつなぎ⁉️…つなぎ???
つながりません💦
(失敗その3)
なぜなら私のアリーゼ号は10Sで持って来たミッシングリンクは11S用だったのです( ̄▽ ̄;)
工具のチェックを怠ったのは反省です。

スタート地点に最短で戻るとしても20km以上あり 歩くには遠いので仕方なく知人に救助要請しました!
知人が快諾してくれてひと安心ですが雨は強くなる一方で身体が冷えます。
少しでも動いてた方が良いと思い、外した部品をウェストポーチに軍手で包んで収納し
県道を峠の上まで自転車を押して上ります。
路肩は水路から溢れた雨水で川のように流れ足首まで濡らしますが歩いたおかげで寒くはありません。

やっと峠に着いて念願の下り坂を自転車に乗って下りました!
惰性で進んだところにちょうどバス停の待合室がありました。
東シナ海からの風が強く激しく草木を揺らしているのを眺めながら「勝手に奄チャレ」の終わりをかみしめて迎えを待ちました。

以上
最後まで読んでいただきありがとうございます。🙇
f:id:poppo_hato4416:20210315154836j:plain

走行距離125km
獲得標高1450m
移動時間6時間13分
経過時間9時間31分

合掌
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村