風にまかせて~人と自分が好きになる自転車日記~

50代の目線でロードバイクのトレーニングを通して緩~く書き込みます。

富士ヒル参戦【前日編】サイクルエキスポ

6月11日
いよいよ3年ぶりの富士ヒル参戦に向け出発です。

まずは
いつものようにレンタカー受け取りから(笑

荷物を積み込んで
朝8時に出発。

今回は試走時と違って本番なので
不測の事態に備えて早め早めの行動を心掛け
ルートも高速を使うことにします。

途中、石川PAでトイレ休憩をしていると
ロードバイク数台をルーフ積みした車がちらほら・・・

徐々に気分が盛り上がってきます。


午前10時45分
家を出てから3時間もかからず
富士急ハイランド駐車場に到着!

ちなみに今回は
いつもと違うレンタカー屋さんを利用したのですが車種は旧式のヴィッツ

こんな感じで車載しました。

この写真を撮って受付会場に向かったのですが、この時はまだその後に判明する
最悪な事態 を知る由もなかった。

午前中だったからかいつもは並んで乗る巡回バスも丁度バスがきていて
誰も並んでいない!
逆に席が埋まるのを待っている状態で
すぐに乗ることができました。

受付会場に到着

受付場所が会場の奥にあるので
寄り道しながら進みますが
こんなにもいろんなメーカーのブースを見るのは本当に久しぶり!

翌日の気温が低いのと天気が雨っぽいので
イナーメのレインジェルみたいなのがあったら欲しいな、と思っていたら

NAQI(ナキ)という
ベルギーブランドのボディケア用品ブースを発見。

いろいろと説明を聞いているとマッサージの施術をしてもらえることに・・
マッサージローションとリカバリージェルを混ぜでふくらはぎを中心にマッサージしていただきました。

マッサージしながら
柔らかくていい筋肉!!
を連発して
やたら褒めてくれるので嬉しくなって

明日の天候に適した撥水性と保温効果のある商品を
お買い上げ~(笑

念入りにマッサージしていただいて
おかげで足が軽くなりました。
しかも購入後クジが引けるとのことで
何やら3等が当たり、
各種サンプルセットGET。

ありがとうございました!

その後も
ブース巡りが楽しすぎてなかなか先に進みません。。

⇧こちらはシーコンのアイウエア「AEROWING LAMON」
まつげみたいなのがついていてユニークなデザインです。
メーカーによると
『スリットの付いた翼のようなレンズデザインは、レンズの側面に沿ってスムーズに空気を拡散し空気抵抗を軽減。この拡散作用により、レンズの後ろでより新鮮な空気を引き寄せつつ、スリット上部の2つのエアロべントとの相乗効果で優れた通気性を実現。レンズ内部の曇りの防止にもつながります。』
とのこと。


午後になると雨がぽつぽつ→しとしと降ってきたので
そろそろ受付をしなければ!と
やっと受付場所へ。

受付が無事済み
一通りブース巡りをして下山荷物を預けてから
午後2時過ぎに巡回バスで再び富士急ハイランドに戻ってきました。

車に戻り、ホテルに向かおうと車を動かした直後の事です。
朝からなんとなく気になっていたタイヤの事を思い出し車を止めてチェックをしたところ

なんと!!
前輪がパンク

チューブラータイヤなのですが、予備タイヤは下山荷物に入れて預けてきたし
しかも今回に限って予備のホイールも
シーラントも持ってきていない!
という緊急事態。


頭が混乱して
家に帰るか・・・!? と考えましたが
(家には決戦用の予備がある)
一緒にきていた奥ちゃんが
ブースにMuc-Offのシーラントがあるの見たよ!というので
とりあえずまたEXPOに行けばなんとかなるか、と
パンクしたタイヤのホイールを持って
再び巡回バス待ちの列に並びます。

午前中とは違い午後2時ごろにはバス待ちの列が凄いことに!
5台目くらいにギリギリ乗り込むことができました。

再び会場に着き
荷物預かり場所にいた係りの方に事情を説明すると
一緒に荷物を探してくれて
無事予備タイヤを回収。

でもこの予備タイヤは激重タイヤなので
これは最終手段にしたい・・

とりあえずEXPOでシーラントを探します。
どこで見たのか、Muc-Offのブースにシーラントが見当たりません。

次に向かったパナレーサーさんのブースで
シーラント発見!
購入時にスタッフさんに事情を話してみたところ
シーラント注入から空気入れまでとても親切に素早く対応していただきました。

ですが、
亀裂が大きいようで空気が入りません。。
シーラントでは
無理だと解り

パナレーサーさんにお礼を言って
次はタイヤを探すことに・・
(パナレーサーさんには
今回チューブラーの販売はなかったので…)

"必ず次のタイヤはパナレーサーにしてご恩返しさせていただきます!"

その後もタイヤを捜索していると
いろんな商品を取り扱っているブースを発見。
あ!ここに
Muc-Offのシーラントがありました(笑

気を取り直して
チューブラータイヤがあるか聞いてみると
あるにはあったのですが、
残念ながら希望のものがなく(予備タイヤと同じだった!)

こちらでも事情を話すと
パンクしたタイヤを一目みて
「これはバルブの根本からいってるからもうダメですね~」
と教えてくれました。

しかも手持ちのリムセメントだと明日までには乾かないし
下山は雨でさらに危険だからリムテープにすることをすすめられ、
とりあえずリムテープだけ購入。
すると、交換しやすいようにとパンクしたタイヤを一気に剥がしてホイールの状態を確認、
さらに軽く清掃までしていただきました。

こちらでもしっかりお礼を言ってから
その後もチューブラータイヤがないかいろんなブースに行きますが
何処にもありません!!

3年前の富士ヒルではヴィットリアのブースがあり
そこでチューブラータイヤを購入したのですが
今年はヴィットリアのブースも無いし・・
もうダメなのかと諦めかけたその時

Equipe Asada 
CYCLO PAVILIONのブースでホイールが売っていたのでタイヤもないか聞いてみると
ないとのこと・・

しかしここで女性スタッフの方から
メンテナンスコーナーには
行かれましたか?

の一言が!!

そんなコーナーがあるなんてどこにも案内がなかったので
まさに
神が舞い降りた瞬間です!!

何やら大会公式のではなくEquipe Asada 
CYCLO PAVILIONさんがやっているメンテナンスカー?が会場出てすぐのところにあるらしく
(こちらのブースの相川さんの)紹介だと言えばすぐにやってもらえるので
行ってみてください!と親切に教えていただきました。
相川さんと女性スタッフの方にも
しっかりとお礼を言ってその場所へ急ぎます。

会場を出て左に行くとすぐにそれらしきテントを発見!
Equipe Asadaの精鋭メカニックの方が
待ち構えていて事情を話すと
タイヤもいろいろありますよ!!とのことで
なんの不安もないくらいに対応していただきました。

チューブラータイヤもいろいろ選べるほど沢山ありましたが
良いものは、やはりお値段が・・。
円安のせい?(笑

しかし旧タイプのものをちょっと値引きしていただけるとのことで
「 Vittoria Corsa Control Tubular 」に決定!

あっと言う間にプロのメカニックさんの手によって完璧に仕上げていただきました。

今回は応急処置みたいなもので
前回使用したリムセメントを完全に取り除いていない状態で
リムテープでタイヤ交換したので
明日雨だと下山はかなり危険だからとのアドバイスもいただき
本当にいろいろと助けていただきました。

予備タイヤを下山荷物に入れていましたが
もうしません!!(笑
当日預けならいざ知らず
なんて無意味な事を今までしていた事か!?

コチラで対応していただけなかったら
ホテルに行ってからもタイヤ交換に追われるところでしたが
CYCLO PAVILIONさんのメンテナンスコーナーのおかげで
余裕を持って明日に備えることができます。

今回いろんなブースの方が
親身になって対応してくださって本当に救われました。
ありがとうございました!

翌日は雨になりそうな天気ですが
私のこころの中は皆さんに助けていただいたおかげで
それほど曇っていません!!
雨上がりの虹が出ている、そんな気分です🌈

この後、軽く夕飯を食べ河口湖畔にとったホテルに向かいます。
ホテルの夕食は量が多くいつも食べ過ぎてしまうので
今回はあえて素泊まりにしました!
決してケチったわけではありません。笑笑

明日の準備を済ませ
ホテルの露天風呂にゆっくり浸かり夜9時には就寝しましたが
数時間後、怒鳴り声やら奇声がして目が覚めてしまいました。

どこかの部屋で酔っ払いグループが騒いでいるようなそんな感じです。
私は持っていた耳栓をしてその後は寝れましたが
奥ちゃんの話しでは夜中の2時過ぎまで大声がたびたび聞こえたとのこと。

富士ヒル前日は
そんなこんなでいろんなことがあった一日でした。

天気も回復傾向の予報になってきているし
明日は頑張らねば!!

続く…

風にまかせて

合掌
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村