風にまかせて~人と自分が好きになる自転車人生~

50代の目線でロードバイクやヒルクライムを通して緩~く書き込みます。

心肺な問題【全集中】自転車の呼吸

 LISAさんの曲はいいですね🥰
「炎」は聴くだけで感動してしまいます❗
映画は見てませんけど…

今回は「呼吸」に関する内容です。

 ランニングをした時に右脇腹が痛くなった経験がある方はかなりいると思いますが
自転車で右の脇腹というより肋骨下辺りが痛くなったという話はあまり聞きません!
どちらも右側ですけど脇腹と肋骨下、またその痛み方と原因は違うような気がしています。
もし同じトラブルで現在悩んでる方であれば参考くらいになるかも知れない。
もしくは悩んでいたけど改善できた方がいればアドバイスを頂き私にとっても今後に活かせる材料にしたいという思いで記事にします。

先日、1年半ぶりのヒルクライムレース「磐梯吾妻スカイラインHC」に参加した時に自分自身を苦しめた呼吸に関するトラブルの原因について情報を集め今後に活かせる対策を考察したいと思います。

この症状が初めて出たのは2017年に富士あざみラインで行われた「第14回 富士山国際ヒルクライム」に参加した時の事です。
この時も年代別のマスドスタート形式でしたのでゴール先着を争ってのレース。
コースの後半で同じ年代の方に抜かれて、それを追いかけるように立ち漕ぎを始めるといきなり肺を握られたような痛みが出始めて呼吸が困難になりペースダウン!
回復を願いながらしばらくは止まりそうなスピードで耐え忍んだのが一回目。
〈記録〉
この時はその後少しずつペースを戻して奇跡的に第3位(年代別50~59)と自転車人生初の表彰台でした~(*^^*)
タイムは自己ベストで 57:39
このタイムで入賞とは棚ぼた的な気持ちw

〈その時思った原因〉
①標高の高さ(2000m付近)
②急なペースアップ(最初から全力に近い)
③WU不足(雨でローラーできず軽くラン)

身体的データ
年齢 50才
平均心拍数 174bpm
最大心拍数 195bpm(過去最大は206bpm)
(パワー計がまだなかった時期です)

2回目は翌年の富士ヒル(スバルライン)で八号目辺り?
スプリット区間の手前で痛み始めて苦しくなりペースダウンを余儀なくされました。
〈記録〉
年代別順位 17位 ネットタイム 1:10:57
一応は自己ベストでした。

〈その時思った原因〉
①標高が高かった。
ケイデンスがいつもより高かった。
③ペースに上げ下げがあった。

〈身体的データ〉
心拍数データなし
平均ケイデンス 88rpm
最大ケイデンス 124rpm
平均パワー 234w
最大パワー 594w

その後も赤城山榛名山と比較的低山(2000m以下)のヒルクライムレースでも症状が出ました。
同じ期間でも呼吸方法を意識的に変えた場合には症状が出なかったレースもありました!
それらも踏まえ以下にまとめます。

〈原因リスト〉
・標高による酸素不足。△
・内臓が揺れて痛くなる。✕
・過去の喫煙歴が長かった。○
・前日にお酒を飲んだ。△
・急な運動により内臓の血液不足。○
・フォームが悪い。○
・呼吸方法が悪い。◎
・食事が悪い。△
・ペース配分が悪い。◎
ケイデンスが高い。○
・天候による気圧の低さ。△

調べているとやはりランニングでは通過点の如くたくさんの情報がありました!
共通点が多くあり対策を含めて記録したいので資料を添付しておきます。
よろしければ自己チェックしてみて下さい!

📎ここからは「Dヘルスケア」から引用

ランニング中に横っ腹が痛くなったら?予防&対処法を一挙紹介
気にしていても、いなくても、走り出してしばらくすると……ああまただ、横っ腹が痛い。

「出鼻から飛ばし過ぎ?」
「呼吸の仕方、間違っている?」
「朝ごはん、食べ過ぎた?」

いつ消えるとも知れない痛みに気を取られ、ランニングの楽しさも爽快感も、全てが台無しに。ムダに体力を消耗し、やる気を削ぐ脇腹痛、何とかならないの?


OK、何とかしようじゃないですか。

この記事では、今すぐ自分で実践できる対処法を一挙紹介。原因と予防・解消方法を知ることで、次のランニング時には適切に対処できるよう準備しておきましょう。

ランニング中の脇腹の痛み原因は「横隔膜」
走っているときに起こる、肋骨下、または腹腔全体の差し込むような痛みの原因は諸説ありますが、その中でも「横隔膜とその付近の筋肉や内臓への血流不足・酸素の供給不足」を原因とする説が、現時点までの研究結果を踏まえ、最も有力視されています。

私たちの呼吸に大きな役割を果たす横隔膜。息を吸ったり吐いたりする度に横隔膜は上下動しますが、ランニング時には、体内の臓器もカラダの動きに伴って揺さぶられることになります。それにより横隔膜や呼吸に関係する筋肉が痙攣し、脇腹が痛くなる、というのがそのメカニズム。

・呼吸方法が適当でない
・姿勢が悪い
・走り始めからスピードを出し過ぎ
・腹筋が弱い
・ランニング前の食事量・タイミングが適切でない


害はないわりにかなりの痛みを放つ、走っている最中の脇腹痛。容赦ない痛みを予防するための7つの方法を、早速チェックしていきましょう。

脇腹痛予防方法1:走る前は、消化のよい食べ物を
食物繊維と脂質を抑えた軽い食事をランニングの2〜3時間前に食べましょう。スタート直前にパワーが必要な場合はバナナやジャムを塗ったトースト、ドライフルーツをどうぞ。もちろん定番おにぎりもOK。

食物繊維は消化時にガスを発生させるので、腸に負担がかかります。運動中はただでさえ消化器官への血流が減るので、余計な負担をかけるべきではありません。

脇腹痛予防方法2:ウォームアップを丁寧に
ランニング前の準備運動を甘くみていませんか? 適切なウォームアップには、血流を促して筋肉を温めるだけでなく、呼吸を最適化する効果もあります。


脇腹痛予防方法3:滑り出しはゆっくり
スタート直後は飛ばしすぎず、だんだんスピードアップするようにしましょう。横っ腹が痛くなってきたら、自分の実力と比較して速く走り過ぎというサイン。スピードを調整しましょう。

脇腹痛予防方法4:上半身の安定を心がけて
脇腹への差し込みは、ランニングだけでなく、スイミングやサイクリング、ダンス、はたまた乗馬など、大きな揺れによる負担が上半身に継続的にかかるスポーツで起こります。体幹を鍛えて、走る動作によって起こる回転性の揺れを制御できれば、内臓への振動が抑えられ、横隔膜の緊張を防ぐことができます。

脇腹痛予防方法5:腹筋を鍛えよう
体幹全体を鍛えることは大事ですが、ある研究によると、痛くなる脇腹の筋肉「腹斜筋」を特に鍛えておくことで、差し込みを予防できるとか。5〜10分の腹筋トレーニングで、少しずつ筋肉を付けていきましょう。

ランタスティックの筋トレアプリ『リザルツ』なら、鍛えたいパーツにフォーカスした筋トレメニューを作成できます。所要時間も自分で調節可能で、筋トレしたい時にパパッと作成できるので、ランニングメインで取り組んでいる方が、補助的に筋力トレーニングを取り入れたい場合にも適しています。


脇腹痛予防方法6:深く、リズムよく呼吸
走るスピードが速くなればなるほど、カラダはさらに多くの酸素を必要とします。そんな時に不規則な浅い呼吸が続くと、内臓や横隔膜への血流不足による酸欠で脇腹痛になりやすくなります。

脚を動かすリズムと同じように、呼吸のリズムもかなり重要。鼻で無理なくリズムよく呼吸できる速度で走るよう心がけましょう。スピードが速くなると、足りない酸素を供給するために自然と口で浅い呼吸をしてしまいがちです。

それでも脇腹痛に襲われてしまった時は、次の対処法で解消!
対処法1:
対処法を実行するために、ペースダウン、または歩きましょう。ペースを落とすだけでも横隔膜や呼吸筋、内臓への負担を減らすことができます。

対処法2:
横隔膜と呼吸に関連する筋肉をリラックスするために、浅くなってしまっている呼吸を正しい呼吸に仕切り直しましょう。

横っ腹が差し込んできたら、「吸って、吸って、吐く」のリズムを意識して複式呼吸することで深い呼吸が蘇り、筋肉の緊張を解きほぐす効果があります。

対処法3:
息を吸いながら、痛みのある部分を手で圧迫し、吐きながら解放する、というのを繰り返します。意識して深く呼吸するようにするのがポイントです。


対処法4:
脇腹をストレッチするイメージで、手を頭の上に上げながら息を吸い、吐きながら上体を前に倒して横隔膜と腹腔の緊張をほぐします。手は上体と一緒にぶらんと下ろせばOK

対処法5:
それでも痛みが治まらない場合は、止まって、または歩きながら、上体を左右に曲げるストレッチを行います。脇腹が痛む側の手を後頭部にあてて、息を吐きながらそのまま反対の方向へ上体を倒し、息を吐ききったら今度は息を吸いながらゆっくり元の姿勢に戻します。

最大の予防法、それは「走ること」
最初に取り上げた痛みの原因と、ここまで紹介した予防法・対処法を総合すると、

・自分の現時点での持久力・筋力
・準備運動の有無、食事内容などコンディション

これら2つの条件下において許容できる範囲以上のスピードで走ると、脇腹痛が起きやすくなることがわかります。自分の実力とその日その日のコンディションを把握せずに走ると痛い目に会う、と言ったところでしょうか。


典型的NG1:
周りのランナーにつられて自分の実力以上のペースで走ってしまう。

典型的NG2:
準備運動ができていないのに出鼻から無鉄砲に飛び出して行く。

典型的NG3:
走る直前についうっかり消化の悪い物を食べてしまう。

このような典型的なNGに陥らないためには、ウォームアップを欠かさず行う習慣付けや、対処法の把握も大事ですが、究極的な予防方法は「ランニング」の経験を積むこと以外にありません。

持久力を付けることで、無理をしなくても自分の走りたいスピードで走ることができるようにトレーニングを重ねて行きましょう。その過程で脇腹痛への対応やランニング前の食事管理にも慣れて行くことができます。

ランニングと並行して、体幹や腹筋を鍛えるトレーニングに取り組めば、もう完璧! 走る姿勢がよくなることでフォームが改善されると同時に、横隔膜と呼吸筋も鍛えられ、脇腹痛が起こりにくくなりますよ!

引用元:Runtastic Blog
監修:Julia Denner,Vera Schwaiger,Lunden Souza,Herwig Natmessnig

ランニングを主観にした内容ですけど、私が体験した症状にかなり共通してると思いますので、これからは上記した点に気をつけ予防策になるのか検証しながら対策を探ります!
次のレースが決まってないので結果は先になると思います!

合掌

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

トレーニング日記【Zwift&筋トレ】23週目

7/13(火)【Zwift】
Ramp Test 他(SST) 45分
結果 FTP239w

f:id:poppo_hato4416:20210714043337p:plain

日曜日の残念過ぎる結果のリベンジにとランプテストをするも、340w/1分を出せず終了!
FTPが多少は増えてこの数字w
レース前からパワーダウンを感じてはいたけど、これが今の実力だったとは…
原因の究明はまた違う機会に記事にしようと思います。
調子の悪いVector3もまだ復調せずですが今回のテストには影響がないと認識します!


7/14(水)【Zwift】
Carson-4 41分
Ave189w NP205w TSS 49

f:id:poppo_hato4416:20210714213721j:plain

ZwiftのFTPが下がってから初のCarson。
FTPが-17wに対してメニュー内容は-10w
楽勝だと思って始めてみると意外にキツイ!
ケイデンスを90rpmと60rpmで交互にやると
60rpmの方が楽に感じた。
レーニングプランも期間を終了したので元のメニューに戻してしばらくは様子を見ることにします。

また、Vector3の電池が毎回左だけなくなっているので使用後はカバーごと外す事にしました!
前にも同じトラブルで製品ごと交換してもらっていて通算2回の本体交換にはさすがにうんざり(>_<)
バッテリーカバーの改良による無償交換も2回あったのでもうトラブルは無いと思っていましたのでがっかりしました。
雨での使用が関係するのかな!?
こちらも少し様子をみます(^_^;)

木曜日も短時間のワークアウトをする予定でしたが前日に緊急な仕事が入ってしまいお疲れモードでスルー。
金曜日もまた余計な仕事が入ってレスト。
土曜日も日曜日も暑さで何もする気にならずに今週は終わってしまいました!
目標が無くなるとやっぱり駄目ですね(>_<)

合掌

〈追加〉
この週から月,木曜日の予定で自重ワークアウトのアプリを使った筋トレ始めてみました!
WUからCDまで動画を見ながら約30分6週間で6Packになるプランですww
やらんよりはマシくらいの感覚ですが今のところ楽しくできていますので続きそうです。

あと、日曜日はノーライドだったので久しぶりにダンベルを使ってブルガリアンスクワットを左右10回ずつやりました。

以上
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

トレーニング日記【Zwift】22週目

7/8(木)【Zwift】
Build Me Up - Alpha 30分
Ave166w NP193w TSS 29.1

f:id:poppo_hato4416:20210709204657j:plain

レースから3日間空けてやっとローラーに乗る気になる。
ジテ通で感じる脚のダルさが抜けきれてないのもあるけど、目標としていたレースが終わって気持ちが空っぽになっている感じです。

レーニングプランがまだ一週間残っていたので適当に選んでみました。
多分レースに合わせていればちょうど良かったという内容の短いメニューで、プランの最後にはFTPテストをして成果をみる予定です。
今回はどの程度回復したのか試すつもりでビルドアップ的なワークをやる。
始めてみるとL4-3分が非常に辛くなるレベルw
ギリギリでなんとかクリアして終了!
これからますます暑くなるので短い高強度を増やして行こうと思う。

7/11(日)【Zwift】
Build Me Up - FTP Test 140分
Ave157w NP183w TSS 115.7

f:id:poppo_hato4416:20210712023932p:plain

気温も前日よりは低くなる予想でしたし
午前中の天気も良かったので早朝から山に行く予定でしたが、金、土曜日とレストだったにも関わらず疲労感がMAX!
で起きられずあっさりZwiftに変更w
できる自信はなかったけどトレーニングプランの集大成「FTPテスト」をやる事にします。

準備中早くもトラブルその1、パンクw
またホイールごと交換して対応。
(後で補修しようとしたら以前の補修跡からのエア漏れなのでそのチューブは廃棄しました。)

次に、Zwiftを立ち上げましたがパワー&ケイデンスが繋がりません!
トラブルその2、Vector3のバッテリー切れのようですww
新品電池と交換して対応。
それにしても木曜日にも同じ事があったばかりでVector3の不調再発のかも知れません。

なんとかテスト開始
通常のテストとは少し違う気がしましたが
本計測の前にやるZ5~6レベル5分間ですでに脚が終わった感じですw
回復時間を挟んで本計測を開始するとまた頑張れる気がしましたが8分くらいで敢えなくギブアップ!(上の画像↓の部分)
一度休んでしまってテストは終了
レーニングと思って踏み直したけどやっぱりダメダメで情けない事に…
とりあえずアルプは上って止めました(^_^;)
計測結果ですが、
FTP「256w→179w」でした…orz
しかしアルプに上ってる時に少し挽回!
「197w」になりました(*_*)

早いうちにリベンジして適正化しないとワークアウトの意味がなくなってしまいます💦
手っ取り早く「ランプテスト」でしょうね!

自分の身体の調子がわからない!?
そんな一週間でした。

合掌

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

磐梯吾妻スカイラインHC【動画】〈土湯温泉側〉

f:id:poppo_hato4416:20210709212146j:plain
※照南湖ビオパークにて

前回ブログ記事で書いたレースを二つの動画で紹介したいと思います。

〈Relive動画編集〉
Reliveの動画だけでは物足りないので編集して土湯温泉の名所を簡単にご紹介した映像です!

〈レース動画〉
磐梯吾妻スカイラインHC day 2
土湯温泉側スタートの車載動画です。
レースタイム 1時間20分13秒
年代別順位  第9位/53人中

水滴で見辛いかとは思いますが初めてレース動画を撮りましたので記録用にアップしました。
改めて見ると反省点の多さに驚きましたw
しかしレース自体は楽しめたと思っていますのでそれが伝えられれば幸いです(*^^*)

今回はあいにくの雨で対策も不十分で映像的には好ましくありませんでしたね。
あまりコンパクトなカメラではないので重さを考えるとガチなレースでは今までカメラを付けてませんでしたが、やってみると客観的にデータを見れるので次に活かせられる部分が多くあったと思います!
32Kmというヒルクライムとしては長い距離に加え、ロードレースの要素があるこのコースならではの駆け引きがあったからではないでしょうか。

今回は前泊での参加でしたがとても土湯温泉が気に入りました。
お世話になった宿は、素泊まり4000円(一人)で自炊もできるので長い滞在にも向いてました。
もちろん温泉(大風呂のみ)も最高ですw
土湯温泉の一部ではありますけど良いところを紹介させて頂きまましたので是非一度、行かれてはいかがでしょうか!
私もいつか仲間と一緒に来れたらと切に願っております。

合掌

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

磐梯吾妻スカイラインHC Day2【レース】

f:id:poppo_hato4416:20210706133152j:plain
※大会HPより

LinkTOHOKUが主催する
ツール・ド・ふくしま第二戦
磐梯吾妻スカイラインHC 2Days」
の二日目に参加して来ました!

二日目は土湯温泉側から浄土平を目指して距離32km標高差1100mをかけ上がる国内最長のヒルクライムレースです。

f:id:poppo_hato4416:20210706133016j:plain

結果を先にご報告。

〈戦績〉
年代別順位(50~59) 9位/53人
レースタイム  1:20:13(ネット)

〈データ〉
247w/20分 Ave225w NP228w TSS 163.9
体重 58.2kg バイク 6.7kg(Look695)
ホイール Bontrager Aeolus 3
タイヤ  F:Corsa Speed(TU) R:Corsa CX(TU)
CTL 76 TSB 17

7/4(日)
朝4時15分起床
窓から外を見る限り路面は濡れているけど降ってはいない様子。
朝食を済ませて6時に受付と下山荷物を預けに外へ出ると傘は必要ない程度の小雨。
宿泊先の目の前にある観光案内施設が受付会場のため一旦部屋に戻ってから準備開始。
近いと思うと慌てることなくのんびりしてしまい、時間ギリギリになって久しぶりに装着するVelotozeのシューズカバーを履くのに手間取ります(破れてしまってw)
装着が終わった頃にはアップする時間がなくなっていました💦
少しでもWUをしてやろうとコース内の坂に向かっていると、既に参加者全員がスタート地点へ移動しだしていましたw

f:id:poppo_hato4416:20210707061941j:plain

仕方なく列に混じり自転車を押し歩き移動。
すると知り合いのマックさんにお会いし一緒に指定の場所で待機。
待機中は、隣に昨日の高湯側の年代別で優勝した宮○さんはじめたくさんの同年代の猛者にマックさんが声をかけていて場を和ませていました。
マックさんはこの界隈のレジェンド的存在。
すると一人の方がパンクした自転車を担いで列に来ると、何処からか(参加者以外?)チューブの提供を受け取り同時に自然に周りの方が協力してあっという間に修理完了💦
そんな中、最初のアスリートクラスのスタート号令が聞こえると違う意味の歓声が上がります!

その後、コスプレ→女子→60歳以上のクラスと1分間隔でスタートすると
あっという間に私のクラスの番です。
意図せず自然な流れで先頭列に私、マックさん宮○さんが並びました!
こんなポジションでのスタートは初めての経験でした(*_*)ドキドキ
f:id:poppo_hato4416:20210707145358j:plain
号令前に動画カメラを録画開始。
号令と共にラップボタン押し左のクリート
嵌め!嵌め…?はまらない💦
f:id:poppo_hato4416:20210707145420j:plain
↑スタート数秒後にはこんな状況に・・orz
後ろの方には大変ご迷惑おかけしました(^_^;)

というワケで、
一瞬のミスで番手がかなり下がってしまいました。
マックさんには序盤はアップがてらゆっくり行きますとお伝えしてましたが、いざスタートすると身体が勝手にマックさんを追いかけるように脚を使って後ろに付きました!
スタート前に、昨日も参加していて調子が悪いと言っていたマックさん。
本調子なら追いつく事はあり得ないのでチャンスと思いできるだけ付いて行こうと考えました!
そのままツキイチでも良かったんでしょうが
無謀かとは思いながらも前に出ていましたww
一体どんだけ踏んでるのかサイコンすら見る余裕がありません!
軽量化を考えてサイコンのマウントを外しステム上にサイコンを移動したり、雨の水滴で見辛い事もありました。

昨日の同年代チャンプ宮○さんは独走体制!
どんどん離れて見えなくなっていました!
この時点では2番手です。
結構長く前を牽いたように感じましたが多分わずかな時間だったでしょうw
またマックさんが前に出て来ました💦
もう付いていくのがやっとの状態でしたが
シフトのタイミングや走行ラインを真似する事で無駄な思考をせず走りに集中できました。
しかしスタートから10Km付近に来て、それまでのオーバーペースに心肺的な限界を感じ始めてドロップしました。

f:id:poppo_hato4416:20210707152107j:plain
photo by ICHYさん

後ろから来た他のクラスの速い参加者に混じって何人か同クラスの方に抜かれました。
このレースはマスドスタートなのでゴールした順番が順位となりこの時点では5位だったはずですw

少しずつ心肺が落ち着いて来たのでペースを戻しつつ良いペースの集団が来る事を祈ります。
12Kmを過ぎると長い平坦路がある事を試走で確認していたからです。
集団ではありませんが40代の方が一人抜いて行ったので頑張って後ろに入ると、急にペースが落ちて「脚がもうないので先にどうぞ!」と言ってきました。
私は「今抜かれたばかりなのに?」と思いましたが、仕方なく前に出て4km近い平坦路を休まず踏み続けました(*_*)
するとさっきの40代の方が後ろに付いているようですw
今思えば少しだけ牽いて交代すべきでした。
また上りが始まって脚を使った私のペースが落ちるとスルスルと前に出てきて「すごいですね!」と一言。
何だかモヤモヤした気分になりながらも「次は牽いてね!」と返しましたが
結局、徐々に離れてしまいました(*_*)
そんな彼の方が私よりレース上手だとは思いますが
私には出来ないことだな、と思いました。

そんな後に同クラスの田○さんが後ろからやってきて抜かれましたがすぐに並んで会話を少しだけ、
前々から同じレースに参加されていてリザルト等で名前を知ってはいましたが話をするのは初めてですw
また私が前に出て平坦路になったのでさっきの40代の方を追いかけます!
なんかさっきから上りより平坦ばかり頑張ってる自分がいて笑えますww
試走の時からの考えで平坦トレーニングをしてたので仕方ないとは言え…
しかし簡単には追いつけずに力尽きてペースダウンすると、田○さんが前に出てくれました!
藁にもすがる思いで後ろに入り平坦を終えると再び上り区間
心肺ギリギリのペースで付いていくもまた離れてしまいました(*_*)
自分のペースで進んでいると今度は30代のグループが並んできましたので便乗します。
一人だけ遅れそうになったので私が前に出ると後ろに入ってきて、しばらくしてまた前に出てくれます!
「ええ人やん」と嬉しくなりました(*_*)
「双竜の辻」と書かれた看板のあるヘアピンを抜ければ残り5km程度。(半分は下り)
標高1600mの道路表示が見え「もう20メートル上ったら終わりだから…」と声をかけ上り区間が終わって下りに入る事を伝えたかったんですが意味が通じなかったのかリアクションはなしw

下りに入る手前で何故か先頭交代を求められて「殺す気か〰️(笑)」と年寄りをアピールしながら前に!
上り区間最後となる『道路最高点 1622m』の場所には悪魔おじさんが待っていて私も思わずテンションが上がり
ウェーイイ!!と声を出し悪魔おじさんの声援に応えますww

f:id:poppo_hato4416:20210708155201j:plain

下りでも遠慮なく踏んでスピードを出していると後ろから違う方が追いつき抜いて行くので、また楽しくなって更に踏んでラストスパート!
最後の方を追う形でゴーーール‼️

後半に絡んでくれた方々とお礼の「ぐータッチ」でお互いの健闘を称えます✊✊✊
そしてゴール後のお楽しみ(*^-^*) 浄土平でふるまわれた福島の特産品、
川俣シャモ汁、抹茶ゆべし、桃のフィナンシェ、甘食、バナナ
どれもとても美味しかったです!
川俣シャモ汁は思わず二杯もおかわりしていただきましたw
※食べるのに夢中になり写真撮り忘れました。
ご馳走様でした!

正直もう少し上位を狙っていましたが、他のレースが中止になって速い人が集まった事もあり厳しさが倍増しました!
タイムとしては試走から10分短縮できて良かったと思う反面、久しぶりとは言え自分のレース展開が初心者過ぎて泣けます(>_<)
長い距離を走り様々な状況を体験できたのは学びが多くて少しは進歩できたと感じます!
何より終わった時の一体感は最高な気分にさせてくれました(*_*)
ある意味では、
自分らしくレースができた!
そう思うと満足していますww

下山では道を間違えるハプニングがありスタッフ不足を感じましたけど、安全に配慮した管理体制のおかげで複雑な交通規制の中で無事に下山できました。
多くの大会が中止を余儀なくされている中で、試行錯誤しながらも開催していただいた事に本当に感謝します!
大会関係者の皆さま
「ありがとうございました」

来年は更に良い大会になることを期待して終わります。

合掌
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

トレーニング日記【Zwift】21週目

 今週末は待ちに待ったHCレースです!
一昨年の赤城山(9月)以来と
久しぶり過ぎて初めて参加した時のような緊張感があります💦

6/30(水)【Zwift】
Criss-cross(改) 57分
Ave193w NP--w TSS 70

f:id:poppo_hato4416:20210630222833j:plain

今回はいきなりガーミンEdge520の電源が入らないところからスタートですw
なのでログはZwiftのデータのみに…
(普段はスマホでZwiftをしているため出力やら時間の数字類が見えない(老眼で)のでガーミンも使用しています。)

クリス・クロスをショートにして自分で作ったワークメニューなので多少数字が見えなくてもなんとかなると思いアップから開始!
ペダルを回しながらガーミン先生を充電器に接続して見ますが反応なし!
ボタン全押し&長押し後しばらく放置してると
アップが終る寸前に復活(^_^;)

メインメニュー開始。
早々に厳しくなり始めるも頑張って続けましたが3回目を終えずにレスト!
ここで無理しても週末に疲れが残りそうと感じましたので止めようかと思いましたが、本来は設定の無いL3を1分入れて再スタート以降は問題なし。
時間があったのでしばらくFTPSSTをやり長目にダウン走やって終了です。

現在の自分のレベルと体調を知る上でこのメニューは最適と思ってやりましたが
少し不安を感じる結果となりました!
現状CTL80,TSB+3 と問題ないはずなんですが
54歳には数字だけではわからない体調の波がある気がします(>_<)
念のため今週はこれでトレーニングを止めて週末に賭けようと思います。

レースまでにバイクの手入れをしっかりやり決戦仕様に仕上がる姿をを見ていると
不思議と気持ちが高ぶると同時に心の中が整理され安心感で充たされます。
「整える」ことは大切ですねw

週末の天気が悪いようですが、雨対策をしっかりやり安全を心がけて事故の無い楽しいレースをやろうと思います!

いつも読んでいただきありがとうございます。
「気をつけてがんばれ!」という方
どうか今回だけは下のバナーを「ポチっとな!」をして私にパワーを下さい。
来週の結果報告で応えます!

合掌
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

なんとか一周年【ブログ】

 昨年の6/28にブログを開設して無事に一年が経ちました!
仕事、トレーニング、酒?という多忙な時間の合間でなんとか続けてこれていますw
当初から無理せずに自分のペースでやろうと決めていますけど、徐々に増えるアクセス数に後押しされて続いた部分が大きいと感じます。

好き勝手な事を書くのは苦ではありませんが、いかんせん文章力のなさと書くのに時間がかかるのは進歩しませんw

そもそも私がブログを始めるきっかけは文章の最後に必ず付けるバナーの「ブログ村」です!
ロードバイクを始めるきっかけでもあり、ビギナー時代のバイブルであり、今の大切な自転車仲間と私を結んでくれたのが「ブログ村」なんです!
その頃から読ませていただいているブロガーさんのほとんどは上位ランクにいて内容が毎回素晴らしいと思います!
ブログ村」はランキング形式にはなっていますけど、私はランキングを気にはしないようにしています。
それを気にすると更新頻度を短くしたり、話を盛ったり、ネタづくりに奔走する等々と無理をして嫌になるかもしれません💦
私が「ブログ村」のバナーを貼るのは読んでいたブロガーの方々への憧れでありブロガーになった証だと思っています。

当初はロードバイクに乗りつつブログを書く、という事を夢見ていても
なかなかそれが長い期間踏み出せずにいました。
ある意味コロナが引き金になり、仲間と走れなくなった事でトレーニングの報告や出来事を週一なら書く事ができるかもしれないと重い腰で始めました!

昔の私がそうだったように
ロードバイクを始めるきっかけを作ったり
乗り方やルール、マナーを発信したり
新しい仲間と知り合えたり
そんなお手伝いをするブログになれればいいなと、今回一周年を機に再確認できました!
また明日から仲間を大切にしながら新しい出会いに期待して走ります。。。🚴‍♀️🚵‍♂️🚴

合掌
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村