風にまかせて~人と自分が好きになる自転車日記~

50代の目線でロードバイクのトレーニングを通して緩~く書き込みます。

夏休み🌻輪行【北海道】①日高編

 7/19(火)曇り

4:30am

奄美行きの時より少し早めに起床。

前回、通勤ラッシュは避けられたものの
半分くらい座れなかったのは、重い荷物を背負ってて結構辛かったので
今回、一本早くしたら成田までほぼ座って移動できました!

成田スカイアクセス東松戸駅

今回も前回と同じ「ビーチ航空」なので
第一ターミナルの発着で迷う事なくチェックイン。
今回シリンダー(co2ボンベ)は一本にして機内持ち込みにしてみました。(その方が早い!)

(保安検査通過後、トレーに出したco2ボンベをうっかり取り忘れてしまい
その先の下りエスカレーターに乗った瞬間
「お客様ー-!!」と検査員の方に大声で呼び止められ
(後ろに誰もいなかったので)エスカレーターを駆け上って事無きを得たという… 笑)


(ルーチンです 笑)

成田  11:30発
新千歳 13:20着

新千歳で隣に入ってきたエア・ドゥの機体が
ポケモン

北海道に到着~


空港にはなぜか名古屋城の実物大「金のシャチホコ」が!!
ここは一応「北海道」です💦

空港には私の一番上の兄が迎えに来てくれました。
兄のレガシィには、後部座席を半分倒すことで三人乗車して自転車も倒して積めました!

今回は帰省なので途中の花屋で仏花を多めに購入し
親類の家に寄って仏壇に供えたり両親のお墓参りもしました。

実家は専業農家で次兄と彼の長男が経営(酪農家でもある)



いつの間にか
オートメーション化されていました!
この赤い機械は搾乳ロボットで、
お腹がすいた牛がこの中にくると
エサ(飼料)が出る前に自動的に搾乳されるシステムらしい。
搾乳量や体重に合わせて、その後に出るエサの量もコントロールされ
一頭ずつデータ管理。
もはや
私が何か手伝うこともなくなってきた💦
(ってか、私の体重もこれでコントロールしてもらいたい・・)


こちらはミルクタンク

こんなにミルクがあるのに
実家の冷蔵庫には明治の牛乳パック2本が!!

以前は搾りたてミルクを朝、鍋で沸騰させたものを飲んでいましたが
以前ニュースになった
新型コロナウイルスの影響を受け危惧される“生乳の大量廃棄問題”
生乳余りの状態は未だ改善されておらず
少しでも消費拡大になればと
今ではわざわざスーパーで牛乳を購入しているのだとか・・。

牛乳のたんぱく質は 200mLあたり6.8g
その80%はカゼイン
20%がホエイです。

カゼインは吸収スピードが穏やかな分、血中アミノ酸濃度をより高く維持できるというメリットがあります。
血中アミノ酸濃度を長時間維持することで筋肉の分解を抑制するため
筋肉を維持したまま減量したいという方は
夜牛乳がオススメです。
腹持ちがいいので
間食代わりに牛乳コップ一杯!ダイエット
なんていうのも良いかもしれません。


こんな感じの北海道の実家ですが
最初二泊と最後の一泊の二回お世話になる予定です。

忘れるところでしたが初日には
義経神社」にも寄りました。

奄美の記事でも少し触れましたが
(平家の神社について)
私の地元には「義経神社」という「源氏」に由来する神社が存在します。

〈ぽっぽの豆まめ知識〉
歴史上
源頼朝(兄)の怒りをかった義経は奥州に弁慶と共に逃れていたが、北条義時らの策略によって首を獲られたとあります。
しかし
義経は生きて北海道へ渡り
まだアイヌ民族しかいない土地で
その博識ぶりからカムイ(神)と崇められ
現代まで地元の伝説となっているとか・・

中に入れば資料館や義経の内縁だった
静御前」の供養搭があるらしいので日を改めて来ようと思っていましたけど、残念ながら時間がなく行くことは叶いませんでした。


7/20(水)雨のち晴れ

前日夜からの雨が午前中まで続き
この日は朝から日高本町まで自転車で行く予定でしたが諦めました。
中学生の頃に一度だけ友達とサイクリングした道をもう一度走ってみたかったんです。

ところが
午後になると一変、太陽が出てきて路面も乾いてきたので
これはチャンス!とばかりに支度を始めると
奥ちゃんが無言で視線を送ってきます…?
何かを察してサイクリングに誘い
甥っ子の長男の真新しい自転車を借りて一緒に行く事に…
さすがにトラックの多い国道はやめてのどかな道を選んで地元の町を一緒にサイクリング。


途中途中で私だけ山に入ってみたりしますけど、あまり長い坂はありません。
3kmほど上る山道へ差し掛かり奥ちゃんにどうするか聞くと
「ゆっくり上る」との事。
私だけ全力で一本上って引き返したら一緒に帰る予定にしてアタック開始!

怪しい雲がありましたけどまだ大丈夫そうなのでさらに走り続け
峠らしい場所に到着。
3km弱と物足りない気がして更に奥へ下り
結局向こう側の麓に出て6kmを折り返しました。

すると顔に水滴が「ポツリ」

意外と早く降り始めたかと思っていると
みるみると道は川へと変貌するほどの雨量に!

奥ちゃんが心配でスピードを上げたいところですが雨でブレーキの効きが悪い💦

一人で山道の木の下でじっとしている奥ちゃんを発見した時は雷雨でした。

沖縄だったらすぐ止むと思って待ちますけど
やむどころか
雷を伴って激しくなる一方。

既に二人ともずぶ濡れで、すっかり身体が冷えて寒いし
木の下に居ても危険なのでヘルメットとビニールカッパを着せて移動開始。

ほぼ川のような道を戻っていると甥っ子が車で捜索にやってきました!
兄2人もそれぞれ車であちこち探してくれていたとか・・

無事を伝えなんとか自力で実家に到着。

実家の前の国道は冠水していてかなり怖い思いを奥ちゃんにさせてしまいました。
実家でも一時、停電したほどの雷雨で
これほどのゲリラ豪雨はあまり経験がないとの事でした!

しかし私一人だったなら、かなり遠くに行ってしまい戻るのが困難だったかも?
そう考えると奥ちゃんには悪いけど感謝ですね。笑笑

家に帰ると奥ちゃんが
「雨だけじゃないよ!!
大きな蛇まで出てきてほんと怖かった!!」と言ってこれ↓を見せてくれました。

舌を出しながら近づいてきたけど
雨が凄すぎたからか急にまた草むらに戻って半分隠れたところで撮ったらしい。

真っ黒なヘビなのでカラスヘビかな??
毒はないけど飛ぶ?!(2mくらい)らしい・・

出てきたのが熊じゃなくて良かった。

義姉がお風呂を入れてくれて身体が温まり人心地。
気づくと雨は小降りに
翌日からの旅行で必要な靴や衣類を急いで乾燥させなくては💦
服の替えはありますが
奥ちゃんは普段着で乗っていたので靴は一足しかなく、冠水した道路にどっぷり浸かって完全水没したので
靴が乾くか心配でしたが
乾燥機はありませんけど、北海道の冬は室内乾燥するのが常ですので乾燥室的なのがあって助けられました。

ちなみに全力で上ってみた坂ですがセグメントがありました!
しかもちゃっかり「KOM」が!!笑笑
近くには小橋さん(元シマノ)達のトレーニングコースがあったようですけど
まだまだ未開の土地で助かりました。


〈猫の小屋で遊ぶ図〉


旅行開始の前日にとんでもない雨で少し意気消沈気味ですが、翌日からの北海道周遊の旅では気を引き締めて運転に努めたいところです。
まだまだ旅は続きますが
今回はここで終わり次は車で輪行しながらライドします。
まだまだよろしくお願いいたします!

合掌
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村